介護ヘルパー

2009年05月14日

介護ヘルパーになるために

介護ヘルパーになるためには、まず人のお世話が好きということが前提になります。
体の自由がきかない人のお手伝いをする仕事となります。
主に、お年寄りや体の不自由な人の家事援助や介護を行います。
ホームヘルパーと呼ばれる仕事になると、お手伝いの種類が簡単となり、家事が主になります。
介護ヘルパーは、具体的な仕事としては、食事のお世話や家事、排泄などの日常生活をお手伝いとなります。
そして時には相談相手になったり話し相手にもなります。
ひとり暮らしのお年寄りなどは、話し相手になってもらえるだけで嬉しい、といった方もみえます。
この介護サービスを利用する人は、介護保険が導入されたことによって年々増加傾向にあります。
介護を受ける人が増えているということなので、在宅介護事業を行う事業者も増えています。
やはり老人ホームなどで介護を受けるよりも自宅で受けたい人が多いのでしょう。
そのため、自宅での介護ヘルパーを求める人が多くなり、介護ヘルパーの仕事も増えているといった状況です。
介護ヘルパーになるには1級?3級まである資格を取得しなければなりません。
しかし実際に介護の現場で求められるのは2級資格となります。
福祉専門学校で学ぶか、国の認可を受けた訪問介護事業者が開く講座を受講することが必要です。
今はハローワークでも資格が取得できるので、一度調べてみましょう。
失業保険を貰っている最中であれば自治体など無料で講習を受け、資格も取得できる機関もあるます。
一度ハローワークなどの自治体に問い合わせてみるのも良いでしょう。
ハローワークなどの自治体であれば、民間の事業所と違って格安で資格を取得できる場合もあります。


posted by 介護ヘルパー at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護ヘルパーの心構え

さて介護ヘルパーになるための心構えとも言うべきものがあるかと思います。
現在訪問介護などホームヘルパーの仕事をしていて、いつかは介護ヘルパーになりたい人も多数いらっしゃるのではないでしょうか。
例えば、今はホームヘルパーとして訪問介護の仕事をしているし、その仕事にやりがいも持っていたとしましょう。
そこでひとまず介護ヘルパーの資格も取っておこうかな、といった人もいるでしょうし、どうしても上を目指して頑張りたいという人もいるでしょう。
実際に介護ヘルパーとしての仕事に就かなくとも、資格さえ持っていれば何かの時に役立つだろう、という考えの人もいるでしょう。
実際に施設や病院内の勤務となれば、やはり介護ヘルパーの資格を持っている人が断然有利です。
人の上に立ち仕事をすることになるでしょう。
資格がなければ偉そうなことも何も反論もできない状況に陥ってしまいます。
やはり介護ヘルパーの資格取得の条件となっている勤務暦は、ホームヘルパーを経て見えないものも見えるようにしておくためなのだと私は思います。
ホームヘルパーとして下っ端で働きながらも、誰かが自分を必要としてくれる喜びを感じられるでしょう。
その中で仕事へのやりがいを持ち、しんどいでしょうが喜びも大きいでしょう。
体力的にも精神的にも大変な仕事ですが、自分が必要とされているという気持ちを持って、精神コントロールができるように努めると良いでしょう。
社会的に今後介護の仕事は不安材料も大きいでしょう。
ひとり暮らしのお年よりも増え、訪問介護の仕事も増えてくることでしょう。
しかし自分を待っている人がいるという気持ちだけで頑張れる仕事でもあります。


posted by 介護ヘルパー at 16:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

介護ヘルパーとホームヘルパーの違いは?

高齢化社会と言われるようになって数年が過ぎています。
すっかりこの言葉も世に定着しつつありますが、緊迫感は多少薄いような感じもします。
そんな中、介護ヘルパーといった仕事は近年就く人が増えています。
それだけ介護を受けたい人の数が増えているということになります。
高齢化社会がここまで深刻化していなかった時代には、この介護ヘルパーという仕事もあまり知られていませんでした。
福祉の仕事の人、といった感覚だったでしょうか。
さて介護ヘルパーの仕事はいったいどんな内容なのでしょうか?
また、よく聞くホームヘルパーとの違いは何なのでしょうか?
まず、介護ヘルパーとは身体の介護のみ行うヘルパーのことです。
そしてホームヘルパーとは、生活援助や身体介護を行うヘルパーのことです。
主にホームヘルパーはホームヘルパー2級の資格を取るとその仕事に就くことが可能です。
施設や病院に勤務したり、自宅に訪問して簡単な生活援助をしたりします。
1級〜3級は、訪問介護を行うためには必要な資格となります。
数年前は、この資格を取るためには講義を受けて実習を受ければ取得できるものでした。
しかし年々厳しくなり、いつかは国家資格になると言われています。
ホームヘルパーの資格を取ってから、働きながらさらに上の1級を目指していきます。
そして最終的に介護ヘルパーへとアップしていく人が多いようです。
介護ヘルパーは国家資格であり、ホームヘルパーの上の資格となります。
2年制以上の養成施設の卒業や、実務3年以上などの経験が必要となってきます。
それだけ専門知識と技術が必要となってくる資格です。



posted by 介護ヘルパー at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。