ホームヘルパーのサービス内容 介護ヘルパー

2009年06月03日

ホームヘルパーのサービス内容

介護保険制度が導入され、介護ヘルパーを自宅に呼びたいと考える人は増えました。
しかし実際に何時間でいくら料金がかかるのかわからないのが現状です。
介護保険で何割か賄ってもらえますが、年金暮らしのお年寄りは不安です。
しかもひとり暮らしとなると金額の面では大変不安に思うでしょう。
まる町で行っている介護ヘルパーの事業所を例に取って見ましょう。
多少の差額はありますが、参考程度に考えるには良いでしょう。
指定訪問介護事業所なので、頼む時も安心です。
指定訪問介護事業所の事業の目的は、介護保険法令に従っております。
利用者が自宅において可能な限り、自立した日常生活を送ることができるように、支援することを目的としたサービスを提供することです。
いわば、ホームヘルパーとして自宅に行き、生活面で支援し、手助けしてあげるといった内容です。
そのような介護士としての仕事はいったいいくらかかるのか?非常に疑問です。
事業所によっては営業時間も決まっているため、受付時間も決まっています。
サービスの提供時間も決まっているため、時間外は別料金が発生します。
24時間体制のホームヘルパー事業所はなかなか少ないでしょう。
介護ヘルパーのサービスの主な内容としては、入浴介助、排泄介助、食事介助、体位変換介助、通院介助などが身体介護の部類に入ります。
料金は大体1時間4,000円くらいでしょう。国からの負担が何割かありますので、各自治体に確認は必要です。
身体介護が4,000円くらい必要なのに対し、家事援助は比較的安いです。
1時間1,500円くらいでしょうか。こちらも国からの介護保険の援助があります。
家事援助の内容は、調理、洗濯、掃除、買い物等です。言わば介護者に触れない内容と言ったところでしょうか。


posted by 介護ヘルパー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。