福祉専門学校で学ぶこと 介護ヘルパー

2009年06月02日

福祉専門学校で学ぶこと

それでは介護ヘルパーになるための専門学校では、具体的にどのような内容を勉強するのでしょうか。
まず基本的なことですが、基礎知識のフォローアップです。
わからないことを親切丁寧に教えてくれるのが、専門学校の魅力ですね。
そして介護ヘルパーとして最も大切なことである、介護を受ける側の心理面の知識です。
普段かかわりのない人には、全くわからない「介護される人の気持ち」なども勉強します。
どのような態度で接したら良いのか、本来ならば経験から学ぶようなことですが、きちんと専門学校では教えてくれます。
あとは実践的な内容がほとんどですが、私たちが日頃経験しないようなことばかりなので、やはりわからないことをきちんと教えてくれます。
細かく、寝具の整え方や、体の不自由な人のための、寝たままの人への様々な配慮など。その他体位の交換などです。
衣類の着脱など、子供相手ではなく、大きな大人相手なので最初は戸惑ってしまうでしょう。
そのため実践の訓練が重要となってくるのです。
力の入れ具合も勉強できます。
あとは食事の介助などです。大人に食べさせるというのは自分の子供に食べさせるのと訳が違います。
これも実践から学ぶことが多いようです。
そして一番力のいる仕事となるのが、排泄の介護、入浴の介護、介助です。
女性は力がいるので大変ですが、慣れればコツがつかめるようです。
そして病院に連れて行くなど、介護ヘルパーの仕事は様々です。体の不自由な人のために、車椅子の操作方法も学びます。
介護者を車椅子へ移動させたり、歩行の介助の仕方も勉強します。


posted by 介護ヘルパー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。