介護のストレス軽減のために 介護ヘルパー

2009年05月21日

介護のストレス軽減のために

介護ヘルパーとしての具体的な仕事内容ですが、はっきりとした区切りがないのも現状でしょうか。
自宅での介護となると、いろいろと制限も出てくるでしょうし、また馴れ合いにもなってしまったりもします。
ひとり暮らしのお年寄りであれば、話し相手になってもらいたいのが真っ先の希望となるでしょう。なかにはホームヘルパーさんと会えることを楽しみに、生きがいにしていらっしゃるお年寄りの方もみえます。
そうなってもらったら、介護ヘルパーの仕事に就いた甲斐もあるでしょう。
しかし、お年寄りの話し相手のためだけに、ホームヘルパーを頼むことはできません。要介護の認定を受け、介護保険を受けている人に限ります。
介護保険というのは、要介護者の自立支援を目的としています。例えば要介護認定を受けているのであれば、家族が介護に疲れてしまった・・・といった理由からでも頼めます。
ホームヘルパーは、介護者の話し相手にもなりますが、同時に家族の不安解消のための相談にも乗ってもらえるのです。
なので、家族に対して親身になって話し相手になれるヘルパーを心がけましょう。
介護ヘルパーは、介護者のお手伝いをすることが仕事ですが、目的はそれだけではありません。
介護している家族が疲れきってしまっては、介護を受ける側も大変申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます。
なので、介護している家族のストレスを少しでも軽減してもらうべく、お手伝いしているといった気持ちで望むと良いでしょう。
近年、介護をめぐっての事件も多発しています。それだけ精神的にも肉体的にも大変なのでしょう。少しでも助けになってあげたいものですね。


posted by 介護ヘルパー at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。