介護ヘルパーになるために 介護ヘルパー

2009年05月14日

介護ヘルパーになるために

介護ヘルパーになるためには、まず人のお世話が好きということが前提になります。
体の自由がきかない人のお手伝いをする仕事となります。
主に、お年寄りや体の不自由な人の家事援助や介護を行います。
ホームヘルパーと呼ばれる仕事になると、お手伝いの種類が簡単となり、家事が主になります。
介護ヘルパーは、具体的な仕事としては、食事のお世話や家事、排泄などの日常生活をお手伝いとなります。
そして時には相談相手になったり話し相手にもなります。
ひとり暮らしのお年寄りなどは、話し相手になってもらえるだけで嬉しい、といった方もみえます。
この介護サービスを利用する人は、介護保険が導入されたことによって年々増加傾向にあります。
介護を受ける人が増えているということなので、在宅介護事業を行う事業者も増えています。
やはり老人ホームなどで介護を受けるよりも自宅で受けたい人が多いのでしょう。
そのため、自宅での介護ヘルパーを求める人が多くなり、介護ヘルパーの仕事も増えているといった状況です。
介護ヘルパーになるには1級?3級まである資格を取得しなければなりません。
しかし実際に介護の現場で求められるのは2級資格となります。
福祉専門学校で学ぶか、国の認可を受けた訪問介護事業者が開く講座を受講することが必要です。
今はハローワークでも資格が取得できるので、一度調べてみましょう。
失業保険を貰っている最中であれば自治体など無料で講習を受け、資格も取得できる機関もあるます。
一度ハローワークなどの自治体に問い合わせてみるのも良いでしょう。
ハローワークなどの自治体であれば、民間の事業所と違って格安で資格を取得できる場合もあります。


posted by 介護ヘルパー at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。