介護ヘルパーの心構え 介護ヘルパー

2009年05月14日

介護ヘルパーの心構え

さて介護ヘルパーになるための心構えとも言うべきものがあるかと思います。
現在訪問介護などホームヘルパーの仕事をしていて、いつかは介護ヘルパーになりたい人も多数いらっしゃるのではないでしょうか。
例えば、今はホームヘルパーとして訪問介護の仕事をしているし、その仕事にやりがいも持っていたとしましょう。
そこでひとまず介護ヘルパーの資格も取っておこうかな、といった人もいるでしょうし、どうしても上を目指して頑張りたいという人もいるでしょう。
実際に介護ヘルパーとしての仕事に就かなくとも、資格さえ持っていれば何かの時に役立つだろう、という考えの人もいるでしょう。
実際に施設や病院内の勤務となれば、やはり介護ヘルパーの資格を持っている人が断然有利です。
人の上に立ち仕事をすることになるでしょう。
資格がなければ偉そうなことも何も反論もできない状況に陥ってしまいます。
やはり介護ヘルパーの資格取得の条件となっている勤務暦は、ホームヘルパーを経て見えないものも見えるようにしておくためなのだと私は思います。
ホームヘルパーとして下っ端で働きながらも、誰かが自分を必要としてくれる喜びを感じられるでしょう。
その中で仕事へのやりがいを持ち、しんどいでしょうが喜びも大きいでしょう。
体力的にも精神的にも大変な仕事ですが、自分が必要とされているという気持ちを持って、精神コントロールができるように努めると良いでしょう。
社会的に今後介護の仕事は不安材料も大きいでしょう。
ひとり暮らしのお年よりも増え、訪問介護の仕事も増えてくることでしょう。
しかし自分を待っている人がいるという気持ちだけで頑張れる仕事でもあります。


posted by 介護ヘルパー at 16:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。