介護ヘルパーとホームヘルパーの違いは? 介護ヘルパー

2009年05月10日

介護ヘルパーとホームヘルパーの違いは?

高齢化社会と言われるようになって数年が過ぎています。
すっかりこの言葉も世に定着しつつありますが、緊迫感は多少薄いような感じもします。
そんな中、介護ヘルパーといった仕事は近年就く人が増えています。
それだけ介護を受けたい人の数が増えているということになります。
高齢化社会がここまで深刻化していなかった時代には、この介護ヘルパーという仕事もあまり知られていませんでした。
福祉の仕事の人、といった感覚だったでしょうか。
さて介護ヘルパーの仕事はいったいどんな内容なのでしょうか?
また、よく聞くホームヘルパーとの違いは何なのでしょうか?
まず、介護ヘルパーとは身体の介護のみ行うヘルパーのことです。
そしてホームヘルパーとは、生活援助や身体介護を行うヘルパーのことです。
主にホームヘルパーはホームヘルパー2級の資格を取るとその仕事に就くことが可能です。
施設や病院に勤務したり、自宅に訪問して簡単な生活援助をしたりします。
1級〜3級は、訪問介護を行うためには必要な資格となります。
数年前は、この資格を取るためには講義を受けて実習を受ければ取得できるものでした。
しかし年々厳しくなり、いつかは国家資格になると言われています。
ホームヘルパーの資格を取ってから、働きながらさらに上の1級を目指していきます。
そして最終的に介護ヘルパーへとアップしていく人が多いようです。
介護ヘルパーは国家資格であり、ホームヘルパーの上の資格となります。
2年制以上の養成施設の卒業や、実務3年以上などの経験が必要となってきます。
それだけ専門知識と技術が必要となってくる資格です。



posted by 介護ヘルパー at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。