介護ヘルパー

2009年05月31日

介護ヘルパーの分類

介護ヘルパーという職業名は一言で括られていますが、実際にはいくつかに分かれています。
訪問介護(ホームヘルパー)・特別養護老人ホームの寮母・デイサービス・グループホームなどで活躍している方もその仲間に入ります。
これらの仕事は介護へルパー1級、2級、介護福祉士などの資格があれば就くことができます。
訪問介護(ホームヘルパー)の仕事は、自宅に出向いて介護します。
介護者の生活にかかわるので、掃除や洗濯や食事を準備したりします。
買い物に行ってなければ、時間内で冷蔵庫にある材料から作らねばなりません。
1日に数件訪問介護の仕事が入っている場合は、大抵直行直帰のため、時間があけば自分の好きに時間が使えて便利です。
ただ、空き時間は給料に入らないので要注意です。
特別養護老人ホームの寮母の仕事ですが、こちらは少々気を使います。
訪問介護の場合は、自分ひとりで動くため、特別養護老人ホームほど煩わしい人間関係がありません。
しかしこちらはそうはいかず、女性的な職場での様々な人間関係に揉まれることが多くなります。
ですが、毎日同じことの繰り返しだったり、看護士が常駐していたりと、介護ヘルパーの勉強をするには非常に良い環境といえます。
デイサービスは、これを楽しみにしているお年よりもいるほどなのです。
ですから、いかにして楽しませることができるか、を考えて仕事しないといけなくなります。
遊びやイベントは難しすぎても簡単すぎてもいけません。
介護とは別に、そういった気配りも必要となってきます。


posted by 介護ヘルパー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

介護保険のしくみ


介護ヘルパーと言われる仕事の中でも、ホームヘルパーは近年需要も供給も増加傾向にあります。
介護保険に加入をし、いざ要介護認定を受けたとしても、実際に介護ヘルパーを頼むにも知識が全くないと困ります。
来てもらえる時間もさっぱりわからないですよね。介護保険の内容も知らない方も多数いらっしゃいます。
何時から何時まで来てもらえて、何時間の介護が可能なのか?も疑問です。
これは依頼する事業所によって違ってくるそうです。
24時間体制のところもありますが、通常は朝8時以降の18時までが多いかと思います。
それ以前や夜までになる場合は、割増料金が発生してくることも考えられますので気をつけましょう。
大抵は必要なケアが決まってくるので、その内容によって介護ヘルパーを依頼するといった形になっているようです。
お風呂だけをお願いしたいという方もみえますので、そうすれば1時間だけの依頼で済みます。
それを1日に1回、1時間?2時間、週に何回、などといった具合で決めていきます。
ホームヘルパーを依頼するにはお金も必要です。住む地区の自治体によって値段は違うかと思いますので調べてみましょう。
大抵は30分単位で値段が決まっています。主な介護内容は、体のお世話やオムツの交換、食事介助やお風呂介助のようです。
本人負担が1割の、9割が税金より支払われます。
この介護保険制度ができてから、実に依頼しやすくなり頼む人も多くなってきています。
例えば介護する人が眠ってしまっても料金は発生するので、結果的に起こしてケアすることになってしまいます。
家族が一緒に住んでいる場合は、お昼寝の時間などの調整も必要となってきます。

posted by 介護ヘルパー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

ホームヘルパーの仕事

介護ヘルパーの中でも、ホームヘルパーは自宅へ伺い介護をします。
生活のお手伝いをする、といったほうがわかりやすいでしょうか。
よくお手伝いさんと間違う方もいらっしゃいますが、基本的に家事を手伝うことは同じです。
しかし、様々な手助けも必要となってきます。
通院されている方なら、タクシーを手配し、車椅子の方ならタクシーの運転手さんと一緒に車に乗せ、病院まで連れて行きます。
その他買い物も頼まれ、必要であれば食事も作ります。
家族と一緒に住んでいる介護者の方ならば必要ないでしょう。
介護者とヘルパーが同姓の場合、お風呂の介護もすることがあります。
手足が不自由な方の場合、座ることさえできれば自宅のお風呂で入れます。
頭と体をシャワーで流す程度のお仕事となるでしょうが、介護者の希望にもよるところがあるようです。
大切なことは、介護者とヘルパーの信頼関係だと思います。
なにしろ自宅に他人を招きいれるのですから、最初は警戒していてもおかしくはありません。
次第に安心感を持ってもらい、少しずつ信頼されれば嬉しいことですね。
介護ヘルパーの基本としては、介護者宅での飲食は禁止としている事業主が多いです。
馴れ合いを防ぐためでしょう。
家族に勧められても断るのが原則です。
家族は、他人が家に入るということでかなり気を使います。
掃除をしに仕事をするはずが、わざわざ掃除をして出迎えるといったことも最初はあるでしょう。
ヘルパーの飲み物や食事に関しても気になることでしょう。
そこを上手く気を使わせないようにできると、一人前の介護ヘルパーとなるのでしょうね。



posted by 介護ヘルパー at 23:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。